漫画&アニメ

【完結から連載中まで】"熱い"漫画おすすめランキング!|スポーツ系やバトル系などまとめて紹介!

f:id:ddbloger:20191031142201j:image

こんにちは!

今回は数ある漫画の中でも、

熱い漫画

これを紹介していこうと思います。

 

スポーツ系の漫画からバトル系の漫画までジャンル気にせずに紹介していこうと思います!

早速どうぞ!

熱い漫画おすすめランキング

最初に言っておきます。

ランキングは完全な「感覚」です。

つまんない漫画は紹介しないので、全部面白いですし、全部“熱い”最高な漫画です!

今回はかなり迷いながらランキング化しました。

上位の漫画だけではなく、他の漫画も読んでみてほしいです。なんなら全部読んでほしい!

また、ランキング後に殿堂入り作品やランキングには入れなかったけど“熱い”漫画を載せてあります!

そちらも是非チェックしてみてください。

 

それではランキングに参ります。

第12位:岳

あらすじ

若くして世界の名峰に登頂し、アメリカで山岳救助経験を積んだあと、日本へ戻り主に北アルプスで山岳救助ボランティアとして活動していた島崎三歩。そのもとに、椎名久美が長野県警山岳遭難救助隊の新人としてやって来る。

救助隊チーフの野田とボランティアの三歩の指導を受けて訓練、救助をこなしていた椎名だが、実際の現場で遭難者を救うことが出来ない現実に自信を失っていく。

そのような厳しい環境にありながらも、なぜ人は山に登るのか、救助を続けるのかを問い続け、様々な現場を経験することで、他の隊員と共に山岳救助のプロとして成長していく。

岳 みんなの山 – Wikipedia

山!!山漫画!

僕が始めて読んだ山漫画ですが、数年経った今でもとても印象に残ってる作品です。

主人公が、「三歩」という山岳救助ボランティアの男なんですが、こいつが熱い!!!

 

山にかける情熱や命を簡単に落とす危険な山に何故そこまで熱中できるのか!

熱い思いが感じられます!そして山に登りたくなる。

人はなぜ山に登るのか

という哲学的な問いの答えも見つかりそうです。

 

第11位:ハイキュー!!

あらすじ

 ある日偶然春高バレーのテレビ中継を見かけた小柄な少年・日向翔陽は、「小さな巨人」と呼ばれ躍動する地元・宮城県立烏野高校のエースに心奪われバレーボールを始める。

低身長という身体的不利を補って有り余るほどの類稀なる運動神経とバネ、バレーへの情熱を持ち併せていた日向であったが、入学した中学校のバレー部に指導者どころか自分以外の部員がいないなど環境に恵まれず上達の機を逸していた。

中学3年の夏、やっとのことでメンバーを集めて出場した最初で最後の公式戦で、日向率いる雪ヶ丘中は「コート上の王様」と呼ばれる天才セッター・影山飛雄擁する強豪・北川第一中に惨敗してしまう。

影山に中学校での3年間を否定された日向は、影山へのリベンジを果たすべく憧れの烏野高校排球部に入部。晴れて迎えた部活動初日、体育館に入った日向の目の前には影山の姿があった。

初めは反発し合っていた二人だが、それぞれの持ち味を生かした“トスを見ない”クイック攻撃、通称・「変人速攻」を編み出し、独りでは見ることのできない「頂の景色」を見るため、個性豊かな烏野高校の仲間たちと共に全国大会を目指すこととなった。 

ハイキュー!! – Wikipedia

バレーといったら僕の世代ならこの漫画です!

 王道系スポーツ青春漫画です。

主人公、味方選手、相手選手など様々な登場人物の心情がしっかりと描かれています。

感情移入してしまい、胸が熱くなるシーンが盛りだくさんです!

 

バレーの知識皆無でもしっかり楽しむことができます。

 

第10位:ケンガンアシュラ

あらすじ

企業・商人たちが巨額の利益を賭け、雇った闘技者によって素手による格闘仕合を行い、勝った方が全てを得るという「拳願仕合」。商人たちの争いを収める手段として、江戸中期に発祥したと言われているそれは現代にまで継承されている。

そして今、己の最強を証明せんとする謎の闘技者・十鬼蛇王馬が拳願仕合の舞台に足を踏み入れようとしていた。その内に野望を秘めたる乃木グループ会長・乃木英樹と王馬が出会った時、拳願仕合に大きな渦が巻き起こる。

ケンガンアシュラ – Wikipedia

バトル漫画です!熱いです!

漫画『刃牙』シリーズのようなバトル漫画ですが、刃牙よりも絵嫌いされない画風!

 

素手による格闘トーナメントが大まかなストーリーです!

登場する人物のキャラデザインが非常に良く、

…っ!こいつ好き!

ってキャラがいっぱいでてきます!

完結済みですが、現在2部となる『ケンガンオメガ』がマンガワンで連載中です!

 

第9位:銀牙伝説ウィード

あらすじ

 前作同様、犬同士の会話を人間の言葉に置き換ることで彼らの友情、結束、葛藤、成長を描いている冒険熱血青春ドラマである。 

銀牙伝説WEED – Wikipedia

まさかの犬!!

『犬 バトル漫画』という斬新なテーマの作品。

犬が熊や猿などと戦います。犬同士も戦います。

 これが面白いんだわ!

犬同士が会話できる設定で、人間には何をいっているのかはわかりません。現実味があります

 

『銀牙-流れ星 銀-』という漫画の続編にあたる作品です。

他にも続編やスピンオフとして、

『銀牙伝説 リキ』や『銀牙伝説WEED オリオン』,『銀牙伝説赤目』など色々あります!

 

かなり昔からある人気の漫画です。読まなきゃ損ですよ!!

 

第8位:キングダム

あらすじ

 時代は紀元前。500年の争乱が続く春秋戦国時代、中国最西の大国「秦」に「(しん)」と「(ひょう)」という名の二人の戦災孤児がいた。

二人は、下僕の身分ながら、「天下の大将軍」を夢見て日々修行に明け暮れていた。やがて、秦国大臣・昌文君に見出され仕官した漂は、ある夜、深手を負った状態で戻って来る。

息絶えた漂から託された紙に書いてあった場所に辿り着いた信は、そこで漂と瓜二つの少年を目の当たりにする。その少年こそ秦国第三十一代目大王・政(せい)であった。

漂落命の原因となった政に激昂する信だったが、自らに託された漂の思いと自らの夢のため、乱世の天下に身を投じるのだった。

キングダム (漫画) – Wikipedia

やっぱ、キングダムは入りますね。

歴史漫画としても面白いし、戦闘シーンも迫力があり最高です。

戦闘する敵に当たる武将にもしっかりとバッグボーンがあり、どちらかが悪ということはほとんどありません。

 

読めば読むほど面白くなっていきます。

最初はぶっちゃけ「面白いらしいけど絵がなぁ~」って感じだったけど読み始めたら、全く気にならない!ドンドンハマっていきます!

 

この漫画は戦闘シーンよりもストーリーが熱い漫画です。設定も最高。

 

第7位:どうぶつの国

あらすじ

 動物達が生きる星で、強い者が弱い者を食べて生きていく、弱肉強食の過酷な世界。様々な種類の動物達が生活しているが、唯一「人」という種族だけは存在しない。

そんな動物たちが暮らす弱肉強食の星「どうぶつの国」に現れた人間の赤ん坊タロウザ。

他の動物より知能が良く、どんな鳴き声の動物とでも会話することができるという不思議な力を持っており、その力が他の動物に影響を与え、「どうぶつの国」を変えていく。

どうぶつの国 – Wikipedia

 『金色のガッシュ‼』でおなじみの雷句誠先生の作品です。

個人的にめちゃめちゃ好きな作品!!

どうぶつしかいない星にヒトの赤ちゃんが現れるところから始まります。

設定としては、

 

・動物同士は同じ種としか会話ができない

・ヒトはすべての生物(魚類や植物を除く)と会話ができる

・この星は弱肉強食

 

こんな感じです。

見ればわかると思いますが、テーマはかなり重めです。

 

すべての動物と会話できる「ヒト」が弱肉強食のどうぶつの世界を変えていく熱い漫画です!

鳥肌シーンが大量です。

 

第6位:弱虫ペダル

あらすじ

小野田坂道はアニメやゲーム、漫画や秋葉原を愛するオタク少年。中学時代にオタクの友達ができなかった彼は、高校こそは友達を作るためアニメ・漫画研究部に入ろうとするが、部員数減少のため活動休止中であると知り、活動再開に必要な部員数を集めようと思い立つものの、部員は集まらなかった。

そんなとき坂道は、同級生の今泉俊輔から自転車レースを挑まれる。中学時代に自転車競技で活躍していた今泉にとって、学校裏の斜度20%以上の 激坂をママチャリで、しかも歌いながら登坂する坂道は“信じがたい光景”であった。

「坂道が勝てばアニ研部に入っても良い」と今泉に言われ、勝負を受けた坂道だが、あと一歩のところで惜敗する。

それから数日後、坂道は関西から引っ越してきたばかりの少年・鳴子章吉と友人になる。鳴子は中学時代に自転車競技で活躍しており、ひょんなことから坂道はその実力を知ることになる。

2人との出会いで今までに経験したことのなかった“自転車で速く走る楽しみ”を見出した坂道は、アニ研部の部員集めを諦め、自転車競技部に入部する。

小学生のときから自転車で秋葉原に通い続けていた坂道は、知らず知らずのうちに上り坂に強いクライマーとしての基礎能力が鍛えられており、その資質を見出されたことから、先輩部員でクライマーの巻島裕介の指導を受けることになり、才能を開花させていく。

弱虫ペダル – Wikipedia

世界一面白い!そして熱い自転車競技漫画です!

主人公が主人公らしからぬ容姿ですが、心はめっっちゃ熱い男です。

 

レースシーンがとにかく熱い!鳥肌が常になっているくらい熱い!

御堂筋君がマジでいい味出してる。アブアブも好き

 

第5位:鬼滅の刃

あらすじ

 時は大正。主人公・竈門炭治郎は亡き父親の跡を継ぎ、炭焼きをして七人家族の暮らしを支えていた。生活は豊かではなかったが家族仲はよく、町の人々にも愛され、慎ましくも幸せな日々を送っていた。

しかし、炭治郎が炭を売りに下山して家を空けたある日、家族は鬼に惨殺され、唯一生き残った妹・竈門禰󠄀豆子も鬼の血が混入して鬼と化してしまう。禰󠄀豆子に襲われ、これを必死で止めようとした炭治郎を救ったのは冨岡義勇と名乗る剣士だった。冨岡は禰󠄀豆子を「退治」しようとするが、兄妹の絆が確かに残っていることに気付き剣を収める。

冨岡の導きで「育手」鱗滝左近次の元を訪れた炭治郎は、禰󠄀豆子を人間に戻す方法を求め、鬼を追うため剣術の修行に身を費やす。

2年後、炭治郎は命を賭けた最終関門である選別試験を経て、「鬼殺隊」に入隊する。

鬼滅の刃 – Wikipedia

 アニメ公開後、ドン引きするくらいの人気が出ている鬼滅の刃。

この漫画の魅力は何といっても敵キャラのバッグボーンにあります。

 

ヒトを喰らって何百年も生き続けている『鬼』ですが、

すべての鬼は元は人間でした。

どのような理由があって鬼になったのかや人間の時どんな人だったのかがしっかりと描かれています。

この理由も泣けるんだぁ!! 

 

もう一つの魅力?が

主要なキャラでも普通に死ぬ」ということです。

カッコいいキャラ。ふつーに死にます。

「さてはこいつキーマンキャラだな!?」というキャラ。フツーに死にます。

「主人公の主要な仲間は流石に死なないべ!」フツーに死にまs…

 

漫画版もおすすめですが、僕としてはアニメ版もおすすめしたい!クオリティが半端じゃない!

アニメはこの記事でも紹介しています。

www.chonchon-pan.com

 

第4位:僕のヒーローアカデミア

あらすじ

 中国の軽慶市での「発光する赤児」の報道以来世界各地で超常現象が報告され、世界総人口の約8割が超常能力“個性”を持つに至った超人社会である。

“個性”を悪用する敵(ヴィラン)を“個性”を発揮して取り締まるヒーローは人々に讃えられていた。

主人公の緑谷出久も幼い頃から平和の象徴と謳われるヒーローオールマイトに憧れていた。出久は超常能力が発現しない“無個性”だったが、ヒーローになるという夢を諦めきれず、偉大なヒーローを多く輩出してきた偏差値79の国立雄英高校の難関ヒーロー科への進学を目指すが、幼馴染みで優秀な“個性”を持つ爆豪勝己をはじめとした周囲からは「合格は絶望的」と馬鹿にされていた。

中学3年生時のある日、出久はヘドロ・ヴィランに襲われてオールマイトに救われる。出久はオールマイトに“個性”がなくてもヒーローになれるかを質問するが、オールマイトは突然目の前で痩せ衰えた姿トゥルーフォームになってしまう。オールマイトは約5年前に敵との戦いで重傷を負い、後遺症で“個性”の活動時間にも制限があるという秘密を明かすのだが、出久に“個性”があっても命懸けの職務であるヒーローを諦めるよう促す。

その直後、出久はオールマイトから逃亡したヘドロ・ヴィランが、爆豪を人質にしている現場に遭遇する。この時、自らを顧みず爆豪をなりふり構わず救おうとする「ヒーローとしての素質」を示したことで、出久はオールマイトに「君はヒーローになれる」と認められる。そして出久は、オールマイトの“個性”であり、つまり他者に譲渡することが出来るワン・フォー・オールの後継者に指名される。

僕のヒーローアカデミア – Wikipedia

 王道系ヒーロー漫画!!

これぞ週刊少年ジャンプでしょ!というような、王道の少年漫画です。

能力もなく弱かった主人公が、ある出会いをきっかけにヒーローになっていく物語!

 

登場する能力がとにかくカッコいい。

戦闘シーンは迫力満点に描かれており、震えます。ゾワッってなります

 

第3位:金色のガッシュ!!

あらすじ

モチノキ第二中学校の中学2年生・高嶺清麿は、MITの論文さえもたやすく理解するほどの頭脳の持ち主だった。しかし、その頭脳が周囲からの嫉妬を生んでクラスに馴染めず、不登校を繰り返す鬱屈した日々を送っていた。

そんなある日、清麿のもとに謎の少年・ガッシュ・ベルが現れた。彼はイギリスで清麿の父・清太郎に助けられ、恩返しとして日本までやってきた。ガッシュは過去の記憶を失っており、唯一の所持品は謎の言語で記された赤い本だけだった。本に記された呪文を読むと電撃を発する力を持つガッシュを危険視する清磨だが、協力して銀行強盗を撃退したことで打ち解ける。

やがて清麿とガッシュの前に、ガッシュの赤い本と似た本を携えた敵が次々と現れる。

実はガッシュは、千年に一度行われる魔界の王を決める戦いに参加させられた100人の魔物の子の1人だった。

金色のガッシュ!! – Wikipedia

子供の頃から大好きな作品。これも王道ですね。

激しい画風で迫力がヤバイ!

熱い真っ直ぐな言葉がすーっと入ってくる感じ!わかる?!?

もうセリフが名言揃い。読むときは是非ともセリフに注目してほしいです!

 

個人的にウォンレイとバリーを推してる

 

ギャグシーンもあります。シュールです。

 

第2位:エンジェルボイス

あらすじ

 千葉県、市立蘭山高校、通称「市蘭」。

ここのサッカー部は「県内最強軍団」と呼ばれていた…。ただし、それはケンカでの話であり、荒廃したサッカー部を立て直すためにスカウトされた黒木は、「中学最強」(ただしケンカで)の4人を軸にチームを再生しようとする。

そんなチームは冬の選手権県予選で、高校サッカー激戦区の千葉県にあって、ベスト4入りを逃すと廃部という条件を突きつけられてしまう…。

ANGEL VOICE (漫画) – Wikipedia

僕がずーっとオススメしてる高校サッカー漫画!

今のところこれより泣けるスポーツ漫画には出会ったことがありません。

不良が高校サッカーの県大会でベスト4を目指すというのが大まかなストーリーですが、ただそれだけの漫画ではないんです!!!ネタバレになるからあまり言えない!

 

僕はサッカー経験者なのでそこそこは詳しいのですが、漫画特有のご都合展開は全然ありません。

まあ、厳しいよな。」という展開がほとんどです。

 

口ではうまく説明できないのが残念です!実際にとりあえず読み始めてほしい!

 

※今ならコミックス1巻がkindleから無料で読むことができます!

 

個別記事も書いています!

www.chonchon-pan.com

 

第1位:ジョジョの奇妙な冒険

あらすじ

現実世界の19世紀後半から21世紀現代までが舞台となっている。少数の吸血鬼や超能力者が存在するが一般には知らされていない。基本的に絶命した者は生き返らない。

イギリスの貴族ジョージ・ジョースター卿の血を引く一族が主人公であり、部ごとに主人公が代替わりする。主人公はいずれも「ジョジョ」 という愛称を持つ。

ジョースター一族と、邪悪な吸血鬼と化したディオやその後継者たちが、1世紀以上に亘って繰り広げる戦いを描く大河群像劇である。

ジョジョの奇妙な冒険 – Wikipedia

僕の漫画記事で何度か登場している漫画です。

何度も言っていますが、

「世界一面白い漫画」です!

もうあまりにも魅力が多すぎて、語れません!

 

巻数が多く、読み始めるのは躊躇うかもしれませんが、是非読んでほしい作品です!

 

ジョジョの魅力とかはこの辺の記事で語っています!気になったら見てみて!

www.chonchon-pan.com

www.chonchon-pan.com

 

その他の“熱い”オススメ漫画リスト!!

今回はランキングには載せませんでしたが、他にもオススメの“熱い”漫画は沢山あります。

 

これはもう殿堂入りだろ

 

というものもなどもここに載せていきます!

マイナーなものからメジャーなものまで、リストにして紹介していきます!

こんな感じですかね、新しく発見したり思い出したりした熱い漫画はどんどん追加していこうと思います!

『うしおととら』『BLUE GIANT』らへんは結構おすすめです!

 

最強の熱い漫画たちを紹介してきました!

今回は「熱い漫画」に限定して紹介しました!

 

気になる漫画が一つでも見つかったらうれしいです!

僕としてはエンジェルボイスとかどうぶつの国とか、そこまで知名度が高くない漫画を読んでくれたらさらにうれしい!

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい!

完結済みの漫画をジャンル別にランキング化して紹介しています!

www.chonchon-pan.com

 

読みたいと思える漫画が一つでも見つかれば幸いです!

ではでは。