漫画&アニメ

ジョジョの好きな部トップスリーを発表する!ネタバレ大量で!

f:id:ddbloger:20191023171811j:image

こんにちは!

 

今日は僕が前々から言っている

“世界一面白い漫画”

ジョジョの奇妙な冒険』についてです.

ジョジョの奇妙な冒険は部数ごとに主人公が変わり,現在は第8部になっています.

 

その数ある部数の中でも特に好きな部トップスリーを発表するぞ!!!ネタバレしまくりで!!

第3位:STEEL BALL RUN(スティール・ボール・ラン)

イキナリめちゃめちゃ迷った!

第5部とこれかどっちがで迷った末にやっぱりジャイロツェペリは譲れなかった.

ストーリーはどっちももちろん良い!

 

もうね,ジャイロ!ジャイロ!この部数の1番の魅力はジャイロですよ.

もうね,カッコ良すぎるんだよ.

 

11巻の表紙のジャイロを見てくれよ!

f:id:ddbloger:20191022142230j:image

STEEL BALL RUN vol.11―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (11) (ジャンプコミックス)

カッケェeeeee!!!このきれいな目にサラサラな髪!

ジョジョシリーズでトップのカッコ良さでしょ.

攻撃方法が鉄球の投擲っていうのもgood!

ちなみに本名はユリウス・カエサル・ツェペリ.

カエサルは英語読みすると「シーザー」

 

ストーンオーシャンの続編っていうところもまた評価高いんだ!(部数的に続編としてみています)

 

あの終わり方からまた新しいジョジョが始まったって感じがしたから.

 

初期の方から登場してたサンドマンがとんでもないかませキャラなのも最高なんだ!

 

「砂のスタンド!?」「イギー!イギィ!イギィィイ!」ってなってたのに,サウンドマン?ファ?っていうのもまたいい!(←よくない)

 

一説ではD4Cでパラレルから連れてこられた説もあるけど,まあ真相は荒木先生しか知らない.

 

そして今回のラスボスは大統領!

 

これまでのラスボスとは違った

「正義としてのカッコ良さ」を感じる.(前作のサイコパス神父様とは違った合理性を感じる)

f:id:ddbloger:20191023141447j:image

STEEL BALL RUN スティール・ボール・ラン 23 (ジャンプコミックス)

能力も単品D4Cだと,弱くない?ウォウウォウ?だったけど,

ハッピーセットでラブトレインになったらちゃんとチートだったし.なんなら最強説もあるし.

 

・リンゴォとのイカした戦い

・自分にとって悪いもの全部効かないチート能力との戦い

・大統領、ジャイロの名言

・戦闘中のジャイロの死

・終盤の大統領とジョニィの駆け引き

・終盤のDIOの「THE WORLD」俺だけの時間だぜ

・過去のジョジョシリーズを連想させるキャラ達

 

この辺が特に魅力的だ!

 

第2位:ジョジョの奇妙な冒険第4部 ダイヤモンドは砕けない

第2位はラスボスに吉良吉影が登場する第4部「ダイヤモンドは砕けない」だど!

 

4部は登場するスタンドが全部かっこ良くてイイど!

 

洋楽のタイトルやバンド名を使った名前も,細かいディティールの姿も最高だど!

 

ラスボスである「触れたものを爆弾に変える」という完全な初見殺しの吉良のスタンド“キラークイーン”とのラストバトルは見所だらけだったど!

 

個人的にハーヴェストはかなり好きなスタンド,ハーヴェスト貯金箱もちゃんと持ってる.

 

小さいけど沢山いて色々できるってのが良いんだよね.

つまりは京兆のバッドカンパニーも大好き.

 

そしてなんといっても康一だよな!ダイの大冒険のポップ的なアレがある

Act1の時はまだ少し頼りない感じだったけど,回が進むに連れてドンドンかっこよくなってきて,最後のシーンよ!!

f:id:ddbloger:20191022110149j:image

ジョジョの奇妙な冒険 47 (ジャンプコミックス)

仗助「「スイッチ」を押させるなーーッ」

吉良「いいや!限界だ押すね! 今だ!」

f:id:ddbloger:20191022110159j:image

ジョジョの奇妙な冒険 47 (ジャンプコミックス)

 

ココな!!!!!

 

ココのズンッのシーンで震えましたわ.

 

康一のエコーズからのスタプラオラオラ.

最高ですね.

吉良の「このクソカスどもがァーーッ!!」の一言も小物っぽくて良いんだよなぁ.

 

4部は「触れたものを元に戻す」っていう能力の主人公なんで,「完全に戦い向きじゃねーな」

って思ってたけど,気づいたらもうドララララでしたわ.

 

戦闘向きじゃないそのスタンドで“考えながら戦う”ってのがジョジョの良いところ.

絵もいうまでもなく最高ですね.この辺から一気に今の作画に近づいてきてる気がする.

 

・康一や露伴、吉良など魅力的なキャラの多さ

・“攻撃的ではない”スタンドの主人公

・杜王町という小さい規模での話ということ

・前作に続いてチートスタプラ

・ほぼ全員が日本人という親近感

 

こんな感じかな!魅力は!

 

第1位:ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン

映えある第1位に輝いたのは第6部にあたる「ストーンオーシャン」です!

ストーンオーシャンはジョジョシリーズの大きな区切れになる部でした!

 

女子刑務所が舞台ということで,登場人物のほとんどが女性というのもかなり新鮮だった!ブラックジョークも程よく汚くて好き.

 

また,「ボヘミアンラプソディー」や「スカイ・ハイ」などのかなり癖のある面白い能力がたくさん出てきた!ロッズとかロマンがありすぎる.

 

ラストのボスバトルでは,

プッチ神父の覚醒した能力「メイド・イン・ヘブン」の“時の加速”によって,あの承太郎もエルメェスもアナスイも一瞬で殺されてしまいます.

 

 承太郎達が死んで時の加速によってすぐに腐っていくシーンは衝撃的でした.

あの承太郎が…。

 

イルカに乗って逃げている徐倫とエンポリオですが,最後はイルカにつかまっている糸を切り離し,エンポリオのために自ら犠牲となって,プッチ神父と戦います.

あそこの「来いッ!プッチ神父」は本当にカッコよかった.

f:id:ddbloger:20191023141916j:image

ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン 17 (80)

かっこよすぎる…!!!

承太郎を簡単に倒すプッチ神父にかなうはずもなく,あっという間に殺されてしまったけど.

 

そして最後のウェザーリポートのDISKの伏線回収ね.マジでしびれた.

あの一連の流れはこれまでのジョジョシリーズの中でも,1,2を争うクールさ.

最後のアイリンの肩の星のアザを見た時は鳥肌が立ったね.からのヒッチハイクウェザー(に似ている人)最高だね.

 

そして宇宙を一巡したため,新しい奇妙な冒険が始まるんですね.

新しい世界での100年前の話を描いた「スティールボールラン」,2011年以降の杜王町を描いた「ジョジョリオン」と….

 

ストーンオーシャンはジョジョシリーズの大きな分岐点となるわけですね.

 

・規模がでかすぎる能力との戦い

・主人公.承太郎,主要キャラの全滅

・名シーンだらけ

・ジョジョの大きな分岐点

・ジョジョの息子3人の能力のクセ

・きれいにまとまったストーリー

 

魅力はざっとこんな感じや!

 

ジョジョって最高の漫画だよな 

マジでジョジョの魅力って数えきれないよね.

 

結果は, 

3位:スティールボールラン

2位:ダイヤモンドは砕けない

1位:ストーンオーシャン

 

と、今回は個人的なトップスリーを発表したけど、他の人にはそれぞれ違うランキングがあるんよ.

 

「この部がぶっちぎり!」って感じじゃなくてどの部も面白すぎるんですよね.それがジョジョの良いところ

 

他の人の記事ではストーンオーシャン最下位とか全然あるし,本当に人それぞれ.

 

ジョジョをまだ知らない人はこのネタバレを今すぐカリフォルニアキングベッドちゃんで記憶を消してもらってください.

 

既に読んでいる人はこの機会に読み返してみては!?!

 

ではでは.