ちょんちょんパン☆

東京都の田舎に生まれた天才になれなかった大学生の超雑記

大学生活1年目終了!1年間大学生してみて分かったこと!

f:id:ddbloger:20190209225548j:image

こんにちは!ハトシです。

 

去年大学に進学し、あっという間に1年が経過しました。

 

今回は大学生活を1年間過ごしてみて感じたこと、分かったことについてつらつらと話していこうと思います!

 

大学生は割と忙しい

僕は入学前は❝大学は人生の夏休みだから遊びまくれるぜ!❞的なネット記事をよく目にしていたので大学はそこまで忙しい場所ではないのだと思っていたのですが、実際はそんなことはありませんでした。

 

出席しなくてもテストができれば単位はとれるなんてことはなく、徹底した出席管理によって理由はどうあれ定められた日数以上欠席をしたらその時点でOUT!単位はおろかテストも受けさせてもらえないようです。

 

まあこの出席に関してはただ授業受けていればいいだけですので簡単にスルー出来ます。

僕が驚いたのは課題の多さと授業内容の濃さです。授業は90分授業になるため必然的に授業内容は多くなります。更に専門的な分野を学ぶ場合、ほとんど基本知識もないので授業が濃いと感じるようになります。それについていくために復習するとさらに忙しさが増します。

教授によっては毎回課題を出す人も多く❝人生の夏休み❞などミトコンドリアほども感じることはできませんでした。((長期休みは別ですが。。。長期休みたのしィ!!

 

大学は金がかかる

これは入学前から分かっていた事ですが、奨学金を借りて授業料、入学費等を払い始めるとかなりの金がかかるんだなぁと実感します。

僕は文系学生のため1年間の授業料は大体120万から150万くらいです((正確なのは内緒

 

奨学金を借りているため、実際に金を自分で稼ぎ払っているわけではないです。

ですがいずれは返すお金であって4年間で卒業したらその時点で500万前後の借金。。。かなり恐ろしいです。

 

こんだけ払っているんだから大学では楽しく過ごさなければもったいないです。

大学側もちゃんとしたことに金を使ってくれ!((冬に奨学金がイルミネーションの光になっていたことへの怒り

 

大学生は気持ちが楽

 大学生は良くも悪くも?社会的には認められているので何していても変に思われないので気持ちは楽です。

職業の欄に学生と書いておけばよいですからね。また、就職をしないで4年間はやりたいことを考えられるという面でも気持ち的に楽という人もいるかと思います。

 

大学に行ってもどうしようもない奴はいる

 僕の入学前の大学のイメージは、基本的には真面目な人たちで勉強をしたいまたは何かやりたいことがありそのために来ている。そうでなくても大学生活は真面目に取り組むというような人が来ると思っていました。

しかしどんな場所にでも一握りのクソはいるようです。迷惑をかけずに一人で勝手に腐っていくのはいいのですが何故か周りに迷惑をかけたがります。

 

大学が飽和状態になっているのが原因の一つなのかな....

 

大学の1年間はこれまでより短く感じる

 これは1年目ということも関係してくるのかもしれませんが、大学生活1年目終わるのめっちゃ早かった!

本当にあっという間の1年間でした。

ただ、やりたいことはいろいろとできた年でした。長期休みを利用して新しいことを始めてみるのが良いですね。

 

大学はサークルか部活をした方が確実に楽しい

 これは確実に言えることなのですが、どんなものでもいいので部活かサークルに入ると大学生活は確実に楽しく、充実します。所属するコミュニティが増えれば必然的に新しい出会いもあり人脈が生まれて楽しいです。

 

大学では無理をしてでも自発的に行動できる人が良い大学生活を送れるのだと思います!

 

大学はマルチ商法に引っかかる奴が増える

 大学に進学すると良くも悪くも一定数の❝意識高い系❞の人たちが増えます。何か金を稼げる新しいことを始めようとしてマルチ商法に引っかかる人が多いです。

僕もそんな仲良くない人が引っ掛かっていたらしく、一度勧誘されました。((その人はバレて退学処分になりそうです。

怪しい話にはノらないのが一番ですね。

 

大学の授業はたいてい面白い

これは将来役に立つかどうかは分かりませんが、授業自体は面白いものが多いです!

ぼくは将来のために大学に来たというよりは楽しそうで経験してみたいという思いからでしたので、授業が面白ければ僕の人生的にはOKなのです!

大学には中学、高校に比べてよい意味で頭が少しおかしな先生が多くいます。そのような先生の授業はたいてい面白いので受けに行く価値があります!

 

大学は空き時間をどう利用するかが大切

大学って履修している科目数にもよりますが空きコマがあると自由に使える時間は結構あります。一コマ空くと大体2時間近く時間も空くのでその時間は確実に有効活用するべきです!

毎週で考えたらとてつもない時間になります。

 

僕の場合はその時間にブログの記事の下書きを書いたり前回の授業の復習や課題なんかをやっています。学内のジムに行って体を鍛えているって人もいるみたい。 

 

大学ではコネクションがたくさん作れる

 大学に行く一つの大きな意味はこれだと思います。大学はいろいろな分野のいろいろな人がいます。先生を通して社会で活躍している偉い人と知り合えることもできますし、友達つながりで面白い人や一緒にいて楽しい人ともつながることができます。

 

どっかの出会いが思いもよらない良い出来事につながるかは分からないのでなるべく多くのコネクションを作っておくと楽しいかなと思います!((悪い出来事につながりそうなやつとは関係を辞めればいいだけですし。。。

 

 まとめ

大学は❝自発的❞というのが楽しく過ごすためのキーワードだと感じています。

 

この辺をうまくできないと12月までまともに友達がいなかった僕のようになるので大学生活が始まる人はお気をつけて。。。

 

ではでは...